長沼町の農産物


 
長沼町の特産品はこれ! と絞りきれないほど、たくさんの農作物をつくっています。また、役場が音頭を取って、野菜を使った加工品の製造・販売にもチカラをいれています。

長沼町の耕地面積の約8割が、田んぼです。
 
長沼町は「空知稲作発祥の地」です。明治6年に現在の北広島市で耐寒性に優れた早熟の赤毛品種の栽培に成功。道南のみだった稲作が道央に定着しました。長沼では千歳から移住してきた青森県出身の中野軍助が明治22年、ハイタウシュナイ川から水を引いて水田3反歩(30アール)を耕作。赤毛品種籾2俵を収穫しました。これが空知地方での稲作発祥です。現在は主に「ななつぼし」「ゆめぴりか」「おぼろづき」「きたくりん」「きらら397」が作付されています。

北海道は大豆の生産量一位。長沼町はその北海道で一位。
 
米の生産調整による転作作物として大豆の導入が進み、近年は作付面積と収穫量が北海道で1位。全国でも佐賀市と拮抗しています。主に「トヨムスメ」「ユキホマレ」「ユキシズカ」などの品種が作られ、地区の農家の奥さんたちが集まって、冬の農閑期に味噌を仕込むのが伝統になっています。

アクセス